スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



聖書は小冊子の集大成

こんにちは♪

先日、日米の本のあり方の違いをブログで書きました。

アメリカでは本を『分解できる小さな知の集合体』と考えます。
なので、“分解しやすい”電子書籍はアメリカの生活に合っている、
と主張している方もいらっしゃいます。

この『分解できる小さな知の集合体』という考え方は、
キリスト教から来ているのではないか、と思っています。

私は今大学で『西洋史』の授業を履修していて、
そこでは古代から中世までの西洋の書物文化を学んでいます。
書物と宗教は切っても切り離せないくらい密接な関係なので、
簡単にですが、宗教も勉強します。

キリスト教徒は古代ローマ時代、新宗教として迫害を受けていました。
彼らは見つからないように、隠れて生活をしていました。

旧約聖書を持っていればユダヤ教徒、
コーランを持っていればイスラム教徒、
というように、
その聖書を持っている、ということは、その宗教の信者だと判断されます。
キリスト教も例外ではなく、
新約聖書を持っていればキリスト教徒と判断されます。

紙の始まりはパピルスでした。
パピルスは植物の葉から作り、
いくつもパピルスを繋ぎ、くるくる巻いて保存しました。
しかし迫害されている身としては、
そんなかさばるものを持ち運んだり、隠したりするのは非効率です。

聖書が見つからないようにしなければ、殺されてしまいます。

そこで開発されたのが羊皮紙です。
漢字のとおり、動物の皮でできている紙です。
羊皮紙を小冊子にして聖書を製本し、いろんなところに隠しました。
そして、いくつもの小冊子の聖書を回しながら利用しました。
現在立派な冊子になっている新約聖書は、その小冊子の集大成です。

そのようにしてできた新約聖書は、移民とともに新大陸に渡り、
今の本の使い方に反映している、と私は授業を聞いて思いました。

もちろん、聖書のでき方も本の考え方も諸説ありますので、
はっきりとは言えません。

私はこの2つの話を聞いて、繋がりがある、としっくりきました。
そして同時に、キリスト教徒が迫害を受けていた300年代から
デザインや大きさなどの流行はあるものの、
本の形が現代まで変わらないことに驚きました。

冊子の形がなんだかんだで便利なんですね。
現に、iPadが日本に広まる以前に、
本のように折りたたんだ形の電子書籍端末が開発されるほどです。

スポンサーサイト

2015.12.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常生活



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

フリーエリア

3/8に当ブログを休止させて頂きます。

急なことで申し訳ないですが、3/8をもってこのブログを休止させて頂きます。このブログを運営している者が、これから忙しくなりそちらの方に支障が出たり体調や健康に影響がでてしまうことを考慮してです。社会人になりこちらのブログを運営していく余裕がないので、みんなで決めました。こちらのブログを末永く読んでくださってる方々には勝手なことで申し訳ありません。何年さきに再活動するかもしれませんし、このまま活動停止状態になるかもしれないということで「休止」という形を取らさせて頂きました。7ヵ月と4日間でしたが、ありがとうございました。

プロフィール(ぜひ見てくれ!)

Synergy804

Author:Synergy804
2015.8.4に立ち上げたブログです!
◆みんなとともに成長していきたい、そしていろんな価値観を共有していきたい。そういった意志で立ち上げました!普通とは違ったブログ、お互いに成長する!をモットーに立ち上げたブログです!毎日更新していきます!ちなみに大学生です!

 僕たちだけでなく、みんなと一緒にいろんな本や考えを通して、ブログを進めていきたいです!本をメインに書いていきますが、それ以外のことでもお互いを人間的に高めていきたいなと思っています!

 このブログに共感したや興味を持った方、一緒に私もブログを進めていきたいと思った方は下記のメールアドレスにご連絡ください!またこのブログに関するコメントやメールのお便りもどしどし待っています!下記のメアドに下さい!

●●メールアドレス●●
synergygrowth804@yahoo.co.jp

◆またTwitter・Facebookもやっていますのでどしどしフォローや友達申請ください(^O^)

Twitterボタン


Twitterブログパーツ


Kanjiyo Seityo | 


◆このブログはリンクフリーです!メールやメッセージなくご自由にリンクを追加してもらって大丈夫です!しかし、「成長を感じよう」は”一方的”ではなく”お互いに”を大事にしています。なので、リンクフリーですがこちらがリンクを貼られたことを認識することができないので、メールでお知らせしてください!お知らせしてくれるとこちらもそちら様のリンクを貼ることができ、”お互いに”ブログを行き来できるのでお願い致します!

※タイトルのG・LはGoal(目標に向かって)Life(日々を過ごす)というかっこつけた名前ですw

RANKING

◆お互いが成長するためにも、より多くの人に知ってより多くの人とこのブログを通じて色んなことを共有していきたいです!いろんな人に知ってもらうためにも、私たちがその人たちを知るためにも、是非クリックをお願い致します!

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

お互いに成長するためにも!

この人とブロともになる

フリー

カテゴリー別の記事です

全記事をご覧になる方へ

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ご訪問ありがとうございます!

フリー

メッセージはこちらでも承ってます!

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人おすすめの本

関連本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。